レッスンについて
シャンリーブルブログ
店舗のご紹介

お店の由来

シャンリーブル…語源は仏語のChamps Libre「自由な草原、領域」

始まりはフラワーデザイン教室のため、「自由な発想で伸びやかにリラックスした気持ちで花と向き合って欲しい、インスピレーションを感じて欲しい、自由なアイデアや作品を生み出したい」…という願いを託し、英語の「lead」先導する、「learn」学ぶの頭文字「le」をくっつけ「lible」とした、造語に。

これには多くの人を花の世界へ導きたいという気持ち、様々なことを学んでいただきたいという思い、願い、これらの英語の頭文字leを用い、響きだけはリーブルという同じ読みにさせていただき、「Champs Lible」となりました。

お店を始めた理由は…

今年で花業界に携わることも人生の半分近くを占めることとなりました。

まだまだ駆け出しの頃、「いつかは自分の店を持つ!」ということを目標に、ただひたすらに突き進んで参りました。

花といっても多種多様な分野があるわけで、そんな中、ようやく10年ほど前に自分が本当にやりたい花仕事がうっすらと形あるものに見えてきました。

それからシャンリーブルの移動式教室は始まりました。あっちの公民館、こっちの資格習得学校、カルチャースクール・・・時には普通のお宅へお伺いしてのレッスンと様々なところへ出没しておりました。そして4年前人生の転機が訪れ、ついにシャンリーブルはきちんとした店舗として形になることができました。実は、内装、外装、BGM、照明にいたるまでシャンりーブルにはこだわりが♪全て自分で考えたからこそ、とてもお気に入りの場所に。

ここからいろんな幸せを皆様に運ぶことができたなら、それはシャンリーブルの幸せでもあります。

シャンリーブルのこだわり

プリザーブドフラワーにおいても鮮度を大切に考えて一切作り置きはいたしておりません。

枯れない魔法の花といえども、やはり色の退化や花びらの割れは避けられないもの。

皆様の手元に届く花たちが少しでも良い状態でいられるよう、一切作り置きはいたしておりません。

ご注文いただいてからきちんとした技術を持ったデザイナーの手により、一つ一つ大切に、相手の方のお顔を思い描きながらお作りしております。そのためお届けまでに1週間前後を要する場合もございます。お急ぎのお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解ご了承いただきたく思います。